経営方針

keiei num1

モータリゼーションやIT産業の発展そして生活様式の変化に伴い、建築に付帯する設備分野の重要度が一層の比重を増し、時代の要請と共に様々な方式が研究開発されております。それら諸機能にはより高い性能と精密度が要求されており、空気調和設備においても目覚ましい進歩を遂げております。
弊社は空気調和設備の施工業者としてその一翼を担い、創業以来五十年間に亘る経験と技術の集積、先駆的発想による製品開発を通し顧客のニーズに応え、「快適生活空間」を提供することを第一義とし社会に貢献して参ります。

 

keiei num2

設備分野における空気調和・換気・排煙設備において、機器間を結び動脈的役割を担う多様なダクトを製造から施工に至るまでの工程を分業化し、安定した供給方式を構築する ことによって「品質の均一化」並びに「工期短縮」を図っております。更に資源を有効活用すべく新しい着想のもと「軽量・強化ダクト」を開発し、「省資源化」 に取り組んでおります。

施工工程においては「安全施工」が求められている第一条件ですので、従業者に対する安全衛生教育と指導を徹底的に行い「安全と安心」を確保し、災害撲滅に取り組んでおります。